4. MAXScript API

REMO Exporterで使用可能なMAXScript APIは次の5つです。

関数名

GetREMOExporterRevision

説明

REMO Exporterのリビジョンを取得

引数

なし

戻り値

リビジョン番号(整数値)

使用例

GetREMOExporterRevision(

関数名

CheckREMOLicense

説明

REMO Exporterのライセンスが有効かどうかをチェック

引数

なし

戻り値

ライセンスが有効 : true
ライセンスが無効 : false

使用例

CheckREMOLicense()

関数名

SetDivideAnimationExportSetting

説明

分割アニメーション出力の設定を行う

引数

true : アニメーション一括出力設定に変更
false :
アニメーション分割出力設定に変更

戻り値

true : 分割アニメーション出力の設定が変更された
false :
分割アニメーション出力の設定が変更されなかった

使用例

SetDivideAnimationExportSetting true

関数名

SaveAnimationList

説明

アニメーションリストCSVファイルを保存する

引数

CSVファイルの絶対パス
   パス区切り文字列には、“/”と“\\”のどちらでも使用可能
CSV
エンコード
true: UTF-8(BOA)文字コード
false: システム標準文字コード

戻り値

true : ファイルの保存に成功
false :
ファイルの保存に失敗

使用例

SaveAnimationList "C:/test.csv" true

関数名

SaveXRM

説明

XRMファイルを保存する

引数

XRMファイルのフルパス
パス区切り文字列には、“/”と“\\”のどちらでも使用可能

戻り値

true : ファイルの保存に成功
false :
ファイルの保存に失敗

使用例

SaveXRM "C:/test.xrm"