形状データ

形状データ全体のルールについて説明します。

出力するデータと時間

シーンデータを出力するフレームは、現在指定されているフレームとなります。
REMO Exporterで出力したときのフレームにおける変換やメッシュデータ、マテリアルデータが適応された形でREMO Viewerに表示されます。

形状データ(ジオメトリ)

出力される形状データは、[オブジェクト プロパティ]ダイアログボックスの設定と、[レンダリング設定]ダイアログボックスの設定によって決まります。

形状データ

形状データは、[オブジェクト プロパティ]ダイアログボックスの以下の2項目の条件が満たされているときに出力されます。

  • [インタラクティブ]の[非表示]がオフ
  • [レンダリング制御]の[レンダリング可能]がオン
カメラとライトについては、これらの条件に関係なく常に出力されます。

条件が満たされていない場合は、形状データのメッシュデータは出力されません。オブジェクトはダミーノードとして出力されます。
ただし、[レンダリング設定]ダイアログボックスで[非表示のジオメトリをレンダリング]がオンのときは、[インタラクティブ]の[非表示]がオンであってもオフとみなします。

以上の条件をまとめると、下の表のようになります。

[非表示]

[レンダリング可能]

オブジェクト

メッシュデータ

出力する

出力する

ダミーノードで出力

出力しない

ダミーノードで出力*

出力しない*

ダミーノードで出力

出力しない


可視性

[レンダリング制御]の[表示]パラメータは、REMOの可視性に対応します。[REMOメイン]の[可視性を2値で出力]で、可視性の振る舞いを表示・非表示の2値、もしくは0.0~1.0の連続値のいずれかに切り替えることができます。[可視性を2値で出力]はシーン全体で共通の設定です。 [レンダリング制御]の[可視性を継承]にチェックを入れると、オブジェクトの[表示]パラメータの値には親ノードから継承された値が入り、REMOの可視性にも継承された値が反映されます。
なお、同グループの[カメラに対して可視]、[反射/屈折に対して可視]は形状データの出力に対して影響されません。

オブジェクト単位で可視性(連続値)を設定したい場合は、そのオブジェクトのユーザ定義プロパティに、次の1行を記入します。

node-visibility=value
オブジェクト単位で可視性(2値)を設定したい場合は、そのオブジェクトのユーザ定義プロパティに、次の1行を記入します。
node-visibility=flag
  • 既に他の値が記入してある場合は、適宜改行を入れ、別の行に記述して下さい。
  • = 記号の直後に書いた空白は無視されます。
  • [可視性を2値で出力]の設定よりも、オブジェクト単位の設定が優先されます。
  • オブジェクト単位の可視性は継承されません。
  • [オブジェクトに対するリファレンス]と同時に利用可能です。
可視性を、オブジェクトの表示・非表示の切り替えのためにしか使わない場合は、可視性を2値で出力したほうが実行時の処理が軽くなります。

また、可視性のアニメーションを利用して、オブジェクトの表示・非表示を1フレームで瞬時に切り替えたい場合には、オブジェクトのユーザ定義領域に次の1行を記入します。

node-visibility-value-step-controller=true
この場合は、ノードの可視性が連続値で出力される設定であっても、可視性のアニメーションの近似はステップ(矩形波)で行われます。

オブジェクト座標変換行列

親子関係を持ったノードのオブジェクト座標変換情報は、3ds Maxと同様に親からの継承が行なわれます。

シャドウ

[シャドウを他から受ける]と[影付け]は、REMOでシャドウを使う際に有効にします。

環境効果

[環境効果を適用]は、REMOで環境効果を使う際に有効にします。

シェイプデータ

[レンダリング]の[レンダラーを有効]と[ビューポートを有効]の両方にチェックをすればREMOでレンダリングされます。3ds Maxでは[レンダラーを有効]だけチェックすればレンダリングされるのでご注意下さい。

モディファイヤ

モディファイアスタックの右クリックメニューで、[オン]、 [ビューポート内でオフ]、 [レンダラー内でオフ]、 [オフ]を選択できます。
この設定も、REMO Exporterの[コンテンツモード]の設定によりレンダリング結果に反映されます。

法線

[基本設定]ダイアログの[一般]タブ[従来のR4頂点法線を使用]の設定が反映されます。


* [非表示のジオメトリをレンダリング]がオンのときは出力