アニメーションの近似精度について

近似精度による補間

REMO Exporter では、出力されるアニメーションデータの削減のため近似精度による補間を行っています。 REMO Exporter で扱う補間方法には以下の2種類があります。

  • 線形補間
  • ステップ補間

[近似精度の指定]で設定された近似精度の値は、各フレームのアニメーションパラメータ値において、3ds Max 上での値と REMO Exporter によって補間された値との誤差が、その近似精度の値以下になるようにするための指標値です。 また、この補間に用いられるフレームの最小単位は、3ds Max の[時間設定]ダイアログの[フレームレート]で設定された FPS の値によるフレーム間隔になります。このフレーム間隔によって決まる各フレームのパラメータ値が 補間に用いられる入力値となります。

ステップ補間

「2値の可視性」と「モーフターゲット」のみが対象となります。

ステップ補間では、[REMOメイン]の[可視性を2値で出力]をONにした時と同様に、 パラメータの値が0.5以上であれば1.0となり、0.5未満であれば0.0となります。

「モーフターゲット」については、モーファーのチャンネル値によって REMO Exporter が自動的に計算するものであるため、 ユーザーはこのパラメータを意識する必要がありません。

[近似精度の指定]から設定できるパラメータはステップ補間に適用されません。

線形補間

「2値の可視性」と「モーフターゲット」以外のアニメーションパラメータが対象となります。

線形補間では、各キーフレームを直線で結ぶことでアニメーションパラメータ値を補間します。
キーフレーム同士の間に存在するフレームにおいて、入力値と REMO Exporter によって線形に補間された値との誤差が、 設定された近似精度の値の範囲に収まるよう補間されます。

上図緑部がキーフレームとして出力されるフレームです。また、上図黄色線部が入力値と補間値の誤差です。
黄色線部の誤差の値が、パラメータごとに設定された近似精度の設定値を超えないように補間されます。


REMOでアニメーションができるパラメータのうち、オブジェクト変換における以下のパラメータについてのみ [近似精度の指定]から設定することができます。

  • 位置
  • 回転
  • スケール

カメラの回転については、他のオブジェクトに対する回転に比べて、アニメーションデータの精度を高くしないと スムーズな回転アニメーションにならないため、[近似精度の指定]では「回転」と「回転(カメラ)」を区別しています。

上記以外のパラメータについては[近似精度の指定]から設定することはできず、 それらのパラメータの近似精度の値は全て“0.01”で設定されています。

近似精度の値による影響

近似精度の値が大きくなるほど、出力されるキーフレームデータは少なくなりますが、 その分補間値と入力値との誤差が大きくなってしまいます。
逆に、近似精度が値が小さくなるほど、出力されるキーフレームデータは多くなりますが、 補間値と入力値との誤差は全体的に小さくなります。
また、近似精度の値をゼロに設定した場合、全ての入力値におけるフレームがキーフレームとして出力されます。