アニメーションリストの操作

アニメーションリストは、GUIでの編集が可能です。

ボタン操作

リスト右側の各ボタンの操作を以下に示します。

項目

説明

選択を削除

リストで現在選択されているアニメーションを削除します。

全て削除

リスト内の全てのリファレンスを削除します。

元に戻す

削除したアニメーションを元に戻します。

CSVファイルに書き出し

画面に表示されているアニメーションリストをCSVファイルに書き出します。CSVファイルの文字コードは上記の[エンコーディング]で指定が使われます。
ファイル名を尋ねられますので、好きな名前を付けて保存して下さい。

CSVファイルから読み込み

アニメーションリストをCSVファイルから読み込みます。

エンコーディング

アニメーションリストのCSV ファイルの文字コードを指定します。

  • デフォルト (CPxxxx)

環境既定値の文字コードに指定します。値の“xxxx”は使用する環境によって異なり、Windows日本語OS環境の場合は“CP932(シフトJIS)”になり、拡張子は“.csv”となります。

  • UTF-8 (BOM)

UTF-8(BOM)”に指定され、ファイルの先頭にBOM (Byte order mark)が付きます。
拡張子は“.csv8”となります。この拡張子はREMO独自のもので、中身のファイルはCSV形式ですが、文字コードがUTF-8(BOM有り)です。
編集する場合はUTF-8の読み書きに対応しているテキストエディタや表計算ソフト(Apache OpenOffice Calc)等で編集してください。


※この設定は[REMOメイン][リファレンスリスト]に自動で反映されます。

OK

編集した内容を保存してダイアログを閉じます。
OK
を押さないと編集した内容は保存されません。


リスト編集

リストの各項目をダブルクリックすると編集できます。

  • [アニメーション名] : 重複した名前はつけれません。
  • [開始/終了] : 開始が終了より大きい値は指定できません。
  • [選択セット名] : 登録されている選択セットから選択できます。(読み込んだCSVファイルに3dsMaxに登録されていない選択セット名があった場合は表示されません。)
  • [ループモード] : none/repeat/round-trip から選択できます。
  • [ループ回数] : 0は無限の意味となります。
  • [コメント] : 複数行にわたり入力できますが、非編集時には最初の1行目だけ表示されます。

アニメーションリストの各欄は空欄にすることができます。ただし、REMOシーンファイルへエクスポートを行う際に記入必須のプロパティが空欄になっていると、エクスポート時に警告メッセージが表示されます。

アニメーションリストの列の順序は下図のように並べ替えることができます。並べ替えを行うときは、列のヘッダ上でマウスをドラッグ&ドロップします。

アニメーションリストの行は並べ替えることができます。並べ替えを行うときは、移動するアニメーション行でマウスをクリックし、移動したい行の位置までドラッグ&ドロップします。移動した様子を下図に示します。

分割されたアニメーションが出力されます。
REMO Viewerでアニメーションの名前を選択すると、それに対応したアニメーションを再生できます。

なお、アニメーションデータを出力するオブジェクトを選択セット名にて限定することもできます。