アニメーション

[アニメーションデータの出力]

REMOファイル(*.xrm)にアニメーションデータを出力します。既定値はチェックマークが付いています。

[全フレームを一括出力]

作成したアニメーションの全フレームを、ひとつのアニメーションとして出力します。既定値の選択は[全フレームを一括出力]です。

[範囲を指定して分割]

作成したアニメーションを、指定した範囲で分割して出力します。

[範囲を指定して分割]オンにすると、[範囲を指定して分割]に表示される開始、終了、名前、を設定でき、作成またはリストを使用できます。

    [選択セット]

    3dsMaxにて「名前付き選択セット」に登録されたオブジェクトだけのアニメーションデータを出力します。
    スキンを割り当てているノードを選択セットに入れる場合、そのスキンノードに紐付けられているボーンは選択セットに入れなくてもスキニングは行われます(ボーンを選択セットに入れた場合でも動作は同じです)。

    [ループ] (カスタムアプリケーション開発時のみ)

      [モード]

      アニメーションが再生されるときのループ方法を設定します。

      none

      ループしない

      repeat

      “順方向に”繰り返し再生される

      round-trip

      “順方向 → 逆方向 → 順方向 → ...”のパターンで繰り返し再生される



      [回数]

      アニメーションが繰り返し再生される回数を指定します。

      [無限]

      [回数]の指定に関係なく、無限にループします。また、アニメーションリストでは回数が“0”となります。既定値はチェックマークが付いています。

    [開始](分割出力時のみ)

    分割したいアニメーションの開始フレームを入力します。

    [終了](分割出力時のみ)

    分割したいアニメーションの終了フレームを入力します。

    [名前](分割出力時のみ)

    分割したいアニメーションの名前を入力します。
    ※重複した名前でアニメーションを分割することはできません。

    [作成](分割出力時のみ)

    指定した範囲と名前とループの分割アニメーションを作成します。

    [アニメーション数](分割出力時のみ)

    作成された分割アニメーションの数を表示します。

    [リストを表示](分割出力時のみ)

    作成された分割アニメーションのリストを表示します。また、作成した分割アニメーションを削除することもできます。

[近似精度の指定]

出力されるアニメーションデータが必要以上に大きくなる場合や、逆に精度が低下する場合に使用します。各エディットボックスには、数値の直接入力もしくはスピナー操作により、小数点以下5桁までの数値を指定できます。

近似精度の詳細については[アニメーションの近似精度について]を参照して下さい。

    [スケール]

    スケールのアニメーションの近似精度を指定します。単位はパーセントです。

    [回転]

    回転のアニメーションの近似精度を指定します。単位は度です。

    [回転(カメラ)]

    カメラを子孫に持つXformノードについて、回転のアニメーションの近似精度を指定します。単位は度です。

    [平行移動]

    平行移動のアニメーションの近似精度を指定します。単位はシーンの単位系に合わされます。

    [デフォルトに戻す]

    近似精度の各エディットボックスの値を既定値に戻します。